• shantishantiyoga

「座り方」仙骨について【ヨガの記事】



ヨーガのポーズのことをアーサナといいます。



「座る」という意味のサンスクリット語の語根から派生していて、

保持された姿勢、位置、型を意味しています。



これは、アーサナが最終的には瞑想のための、

しっかりと骨盤を立たせて背骨を伸ばし、

動かずに座ることのできる身体を目指しているからでもあります。



クラスでは、

アーサナの後の呼吸法と瞑想の時に

座っていきますが、



心身は十分にリラックスしていながら

脳はしっかりと覚醒しているためにも

背骨を立たせて坐すことは大切です。



今回は、仙骨についてお伝えします。



座布団やブロック、または椅子などで

しっかりと左右のお尻の骨、座骨に乗っている、

仙骨が立つ姿勢を作ってみて下さい。



立っているときより、ほんの少し反り腰くらいが、

座っているときの、仙骨が立っている感覚です。



お臍の下を少し引くこと、そして

余裕があれば、骨盤底筋を柔らかく引き上げることで、

仙骨を立たせるために作った反り腰の調整と、

骨盤全体の安定感を感じます。



これで下半身が整います。






******************* ヨガ・ピラティスで心身ともに健やかに! 盛岡大通りにあるヨガスタジオ  シャンティシャンティ 〒020-0022 盛岡市大通1-11-2-2F TEL:090-4550-2605 Mail:shantishantiyoga55@yahoo.co.jp *******************

連絡先

〒020-0022

日本 岩手県 盛岡市大通り

1ー11ー2ー2F

​シャンティシャンティ

代表 北村 ますみ

Mail:shantishantiyoga55@yahoo.co.jp
TEL:090-4550-2605(北村)

スタジオアクセス