• shantishantiyoga

無意識に慌ててしまうことについて【ヨガの記事】

「流れに身を任せる。」

というのは、 流れに身を任せている自覚があるからできること。


流れを察知して、 自らの意思でもって

身を任せているという自覚がないと、 

流れに飲まれて混乱してしまう。


そんなことがあります。


「黙って身をゆだねて」    と言われても、 

そこに心地よさがあることも自覚していないと、 

ゆだねること自体が、我慢、 苦痛になってしまうかもしれません。


今回はそんな、 心の柔軟性・臨機応変な様について、 

シャンティシャンティで実践している ヨガの観点からお伝えします。 


『無意識に慌てて反応してしまう』 


そんなことがあります。


熱い鍋に指が触れた瞬間、 意識よりも早く腕が離れてくれます。


無意識が外からの危険をいち早く察知して、 私たちを守ってくれます。


ですが、危険ではないヨガをしながら、

内面で葛藤をつくり、 同じように、

反射的に反応することがあります。

ポーズに向かうプロセスの中で、 体の硬さに気づく。


コリや、体の中でのぶつかり合いを感じる。


その瞬間、『無意識に慌てて反応してしまう』


硬いところを無理に伸ばそうとする。


コリやぶつかり合いをなんとかしようとする。


それは、危険を察知した反射ではなく、

人と比べたり、自分に否定的な判断をくだす、

心の癖であり、内面の葛藤です。


心が無意識に、慌てて反応しているのです。


これらの反応に対して、

シャンティシャンティのヨガではどのように取り組んでいるのか、

それは次回、お伝えします。



******************* ヨガ・ピラティスで心身ともに健やかに! 盛岡大通りにあるヨガスタジオ  シャンティシャンティ 〒020-0022 盛岡市大通1-11-2-2F TEL:090-4550-2605 Mail:shantishantiyoga55@yahoo.co.jp *******************

#盛岡 #大通り #ヨガ #ピラティス #シャンティシャンティ

最新記事

すべて表示

『心のブレーカー』【ヨガの記事】

私たちの心の中にはブレーカーがあって、 特定の条件が満たされればブレーカーが落ちるようになっている。 生理的に無理 食わず嫌い 聞きたくない やりたくない 例えばそんな感じ。 心のブレーカーが落ちると、 対象をシャットアウトしてしまう。 これは当然、必要な反応・機能です。 すべてを受け入れていたらそれこそストレスが大きくなるし、 時間的にも体力的にも無理がくる。 ですが、 中にはこのブレーカーが過

『これ以上は無理』【ヨガの記事】

こんにちは。 シャンティシャンティです。 ストレッチをしている時に、 気持ちいい伸び感があって、 それを越えると筋肉がビーンと張ってきて痛みに変わります。 「これ以上伸ばしたら危険だからやめて」 と、体が伝えてきているわけです。 筋トレもそうです。 やりすぎると関節が痛みを発します。 「やりすぎだぞ。危ないぞ」 というメッセージです。 それ以外でも、 体はひっきりなしに今の状態を僕たちに伝えてくれ

『信用』【ヨガの記事】

こんにちは。 シャンティシャンティです。 私たちは わかっているものには、 誰も注意を向けません。 無意識にそれを理解できますから、 わざわざ注意しなくてもいい。 運転中の道路標識も、 それが慣れている道であれば、 さっと見ただけでわかる。 これが海外だとそうはいきません。 見たこともない道路標識がたくさんあるので、 注意して見ていかないといけない。 自分の体も同じようなもので、 自分の体をわかっ

連絡先

〒020-0022

日本 岩手県 盛岡市大通り

1ー11ー2ー2F

​シャンティシャンティ

代表 北村 ますみ

Mail:shantishantiyoga55@yahoo.co.jp
TEL:090-4550-2605(北村)

スタジオアクセス